忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ショップ

ワールドカップまであと


カテゴリー

最新記事

最新コメント

[12/28 あらいぐま]
[12/24 サポーター]
[12/22 あらいぐま]
[12/21 サポーター]
[12/17 あらいぐま]

プロフィール

HN:
あらいぐまのベッカム
性別:
女性
自己紹介:
ブログって何?の私が
ブログを書いています。
日本代表を応援しているので
サッカー好きな人 
一緒に応援しようね。

最新トラックバック

リンク

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

来客数

PR

[328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うさぎとねずみのブロンズ像

最近 すごく気になるニュースがありました。

この写真で あー これかーと、すぐわかると思いますが
どうするんだろう?どうなるんだろう?と
皆さんは どう思いますか?

0df0c301.jpg






中国の清朝時代(1700年頃~?) 
北京の郊外の円明園という皇帝の夏の別荘の庭には 
十二支のブロンズ像が飾られていました。

しかし、第二次アヘン戦争の最中 1860年に
北京を占領した 英仏連合軍に 円明園は焼き払われて
ブロンズ像のうさぎと ねずみも奪略されたのです。

現在は 廃墟になっている円明園 
北京から10キロのところにあるそうです。
大水法1 大水法2

円明園hp
http://www.geocities.jp/kjbmh507/eiga/xiyang.html

このうさぎと ねずみのブロンズ像は フランスに渡り 150年

めぐりめぐって?先日 イブ・サンローランの
遺品のオークションにかけられる事になりました。
中国側は弁護士を立てて 
オークションにかけることを反対しましたが
結局は パリのオークションに出品されて、約39億円で落札

これを落札した人は中国人で
中国から海外に流れた文化財を取り戻す活動をしている人とか

この人は このブロンズについては
中国にとっては オークションにかけてはいけないものだから
落札した代金は 支払わないと言っているそうです。
 
フランスのルーブル博物館に 行った事があります。
エジプトのミイラやお棺が ずらりと並んでいて 
えーーっ!と 驚きました。
大半が ナポレオンが 戦争の時に奪略したのものと聞きました。

いくらなんでも!!
ミイラまで ぶんどるなんて ひどすぎる!と思いました。
大英博物館には 有名なロゼッタストーンが飾られていましたが
これは ナポレオンがエジプト遠征の時 見つけて
それを又 イギリスが 横取りしたものだそうです。
もし、日本でも奈良の大仏が 戦争で奪略されていたら?

アメリカも自由の女神が 奪略されていたら?
絶対 返して!と オークションなんかしないで!!と
やっぱりなるんじゃないでしょうか?
戦争で ぶんどられたのだから 仕方ないというのなら
北方四島も返還されなくても 仕方ないのでしょうか?
小さなものかもしれないけど、戦争で奪略された
このうさぎと ねずみのブロンズの行方が
すごく 気になります。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

Produced by あらいぐまのサッカーの店