忍者ブログ

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ショップ

ワールドカップまであと


カテゴリー

最新記事

最新コメント

[12/28 あらいぐま]
[12/24 サポーター]
[12/22 あらいぐま]
[12/21 サポーター]
[12/17 あらいぐま]

プロフィール

HN:
あらいぐまのベッカム
性別:
女性
自己紹介:
ブログって何?の私が
ブログを書いています。
日本代表を応援しているので
サッカー好きな人 
一緒に応援しようね。

最新トラックバック

リンク

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

来客数

PR

[232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジュリー祭り

今日、3時から 京セラドームで、ジュリー祭りがあります。
私は ザ・タイガース(阪神タイガースじゃないよ)の頃から
沢田研二のファンでした。
これを読んでくれている友達もみんなファンだったねー
九電体育館のタイガース解散コンサートも懐かしいねー

 沢田研二 
 

でも、最近は サッカーばかり・・・・
今日のジュリー祭りの事も知らなくて・・
でも 月末で抜けれないから・・
どっちにしても 見に行けなかったと思うけど・・

すごく残念です。ショボーーン
ジュリーは今年還暦で その記念コンサートみたいです。

きっと 派手派手でノリノリのジュリーかな?と思ったら
こんな記事が載っていました。
ジュリーの作詞で 我が窮状という新しい曲を歌うそうなのです。
えっ!ジュリーが窮状?
どんな窮状なのーーー借金??と 

ユーチューブで、この我が窮状を見つけたので聞いてみたら
この窮状は 憲法第9条の事だと わかりました。
ジュリーは 還暦という機会に自分の考え方を歌にして歌ったのです。
未来の平和のために 私達でこの9条を守りぬこうよと歌っています。
とても人間愛にあふれる誠実な歌です。
危険な二人を歌っていたジュリーなのに?

勝手にしやがれ!なのに?


恋愛から 大きな愛に?
時のすぎゆくままになのに、平和を守ろうって?

私は ジュリーの真面目さに すごく驚いて、心を打たれました。
戦後63年、戦争を知らない私達だけど、
憲法第9条が平和を守るための憲法だという事はよく知っています。
平和を守りたいねと歌いかけているジュリーは、本当に素敵!
これからも 歌いつづけてほしいです


もちろんファンの中にも反対意見の人もいるでしょう。
それは それで、又 平和に繋がれば良いと思います。
我が窮状(ジュリーファンで まだ聞いてない人はぜひ聞いてね)
http://www.youtube.com/watch?v=tOwpazaAjtA
 
ジュリー祭り(懐かしい歌がたくさん!)
http://julieindome.jp/
 
日本国憲法の9条 と ジュリーの我が窮状の歌詞。
どちらも美しいです。
日本国憲法 第9条
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し
国権の発動たる戦争と武力による威嚇 又は 武力の行使は
国際紛争を解決する手段としては 永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は
これを保持しない。国の交戦は これを認めない。
 
我が窮状  作詞 沢田 研二 作曲 大野 克夫

麗しの国    日本に生まれ    誇りも感じているが
忌まわしい時代に    遡るのは    賢明じゃない
英霊の涙に変えて授かった宝だ
この窮状    救うために    声なき声よ集え
我が窮状    守りきれたら    残す未来輝くよ

麗しの国    日本の核が    歯車を狂わせたんだ
老いたるは無力を気骨に変えて    礎石となろうぜ
諦めは取り返せない    過ちを招くだけ
この窮状    救いたいよ    声に集め歌おう
我が窮状    守れないなら    真の平和ありえない

この窮状    救えるのは静かに通る言葉
我が窮状    守りきりたい    許し合い    信じよう



  

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

Produced by あらいぐまのサッカーの店