忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ショップ

ワールドカップまであと


カテゴリー

最新記事

最新コメント

[12/28 あらいぐま]
[12/24 サポーター]
[12/22 あらいぐま]
[12/21 サポーター]
[12/17 あらいぐま]

プロフィール

HN:
あらいぐまのベッカム
性別:
女性
自己紹介:
ブログって何?の私が
ブログを書いています。
日本代表を応援しているので
サッカー好きな人 
一緒に応援しようね。

最新トラックバック

リンク

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

来客数

PR

[820]  [819]  [818]  [817]  [816]  [815]  [814]  [813]  [811]  [808]  [807

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラピスラズリのスフィンクス

昨日 ネットに 2つの こんなニュースが 載ってました。
ツタンカーメン王の お墓から 出土した
ラピスラズリで 作られたスフィンクスンや
金の首輪を したブロンズの子犬等
 ツタンカーメンの遺物19点は
アメリカの メトロポリタン美術館に 収められていたけど
エジプトに返還される。

94902e03.jpg
  これが ラピスラズリのスフィンクス
  3300年位前なのかな?
  きれいですね~~
 (時事ドットコムの写真)



もう一つは 日本の政府は
宮内庁が所蔵している
韓国の図書1205冊を 韓国に返還する。

これは “朝鮮王室儀軌(ぎき)” という 本で
朝鮮の歴代王室の事や
国家の重要な行事等が 書かれているもので、
世界文化遺産だそうです。
戦争等で その国にとっては 国宝の文化遺産が 散らばったのですね。

堺の仁徳天皇陵から出土したという鏡や刀が
なぜか??ボストンの美術館に 展示されています。
これも ぜひぜひ 戻ってきてほしいな。
フランスのルーブル博物館や イギリスの大英博物館は
戦利品の収納場所みたいです。

特にルーブルはエジプトのミイラまで展示してありました。
これは返してあげないと だめですよね。

でも 保管という意味では ルーブルや 大英博物館は
素晴らしい役割を  果たしていると思います。
戦争などによる奪略や 売られて行って
世界に散らばった文化遺産化が
本来の国に戻ってくるって本当に良い事ですよね~
あ~~すっかり忘れていたけど
私も以前借りたテープを 友達に返さないと・・・
どこに置いたっけ??


PR

Comment
クイーンのテープ
返して!
エ~~
クィ~~ンのテープ 借りてたっけ??
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

Produced by あらいぐまのサッカーの店